COLOR

美容室としてのカラーへのこだわり

髪の色はメラニン色素で決まる

人種により髪の色は黒色、褐色、金色などに分かれ、またそれぞれでも個人差があります。
この髪の色の違いは「メラニン色素」のバランスによって決まります。

メラニン色素は「ユーメラニン(黒・茶の色素で青み系)」「フェオメラニン(黄・赤の色素で赤み系)」の2つがあり、この2つが合わさってバランスの違いにより髪の色が決定します。

ちなみに髪は白髪が本来の状態で、この白髪にメラニン色素が加わることで、黒色などの髪色になります。
逆に言えば、この色素を作る細胞(色素形成細胞)が十分機能しなかったり、色素の元となる成分が不足するとメラニン色素が足りず白髪のままとなるのです。

日本人の髪は「傷みやすい」「黒い」という特徴がありますが、これはユーメラニンが多いためです(ユーメラニンは、フェオメラニンに比べて壊れやすいという性質を持っています)。

カラーした髪が赤っぽくなる理由

カラーはメラニン色素を脱色したうえで、希望の色を着色することで染めますが、脱色の際に壊れやすいユーメラニンが減り、赤み系のフェオメラニンが多く残ると、結果として赤っぽくなります。

これを防ぐには、ブリーチをしたうえでカラーをするという方法がありますが、一般にこの方法はダメージが大きいというデメリットがあります。

そこで1回の施術で希望の色にするのではなく、何回かに分けてダメージを抑えながら赤みを取り除き、希望の色に仕上げる方法があります。

手触りが良く、希望のスタイルを楽しめるのはダメージが少ない髪です。
モアナヘアーでは髪へのダメージが少ない段階を経てのカラー、またパーマについては熱によるダメージが大きいデジタルパーマではなく水パーマを推奨しております。

尚、ホームカラーは「しっかりと染まる商品」の方が売れるため、強めの薬剤を使用しています。このため、ホームカラーを使ったことがある方につきましては、ダメージ毛を健康毛にすることを最優先しながら各施術をさせていただきます。
せっかくのカラーやパーマも手触りが悪かったり、思いどおりのスタイルに仕上げられなければ楽しみも半減しますので。

モアナヘアー ラナイでは、1回の施術で赤みを抑えられるカラー方法やテクニックがあります。ファッションカラー、白髪染めなどへの対応もOKですので、お気軽にお尋ねください。

カラー施術例

カラー施術例 カラー施術例 カラー施術例